本文へスキップ

筑波大学ギター・マンドリン部同窓生のコミュニティ・サイト

クラッシックギター名曲集「アルハンブラの想い出、シャコンヌ」

ギターソロ演奏:福富康夫

福富康夫氏の音楽を愛する一ファンよりのメッセージ

 こうやって氏の演奏を聴いてみると、学生時代から技術的な向上を目指してきたのみではなく、一貫した何らかのスピリチュアルな世界を表現しようとしているのを感じる。あの崇高なシャコンヌのけがれのない演奏を何回も聞いていると、氏の表現したいことが何であるか、氏の音楽に対する姿勢が読みとれて、共感を覚えた人々は彼の奏でる音に共鳴するのである。それ程、ギターという楽器はその人の性格、その時々の心象が表出される楽器であろう。まさに、KY氏が常日頃より言っている「ギターはミューズ(神様)の楽器だから」という表現がぴったり合った記念のCDを作成されたと思う。


演奏

  ディスク No.1:「アルハンブラの想い出、シャコンヌ」
  トラック番号     作曲者 曲名 
     1  タレガ アルハンブラの想い出(筑波大学会館ホール、ライブ録音)1984
            

     2  アルベニス コルドバ(筑波大学会館ホール、ライブ録音)1984
            

     3  J.S.バッハ プレリュード(無伴奏チェロ組曲第1番 BWV1007 より)2003
            
    
 4  J.S.バッハ プレリュード(BWV1006a より)2003
            
    
 5  同 ガボット
            
    
 6  J.S.バッハ プレリュード(リュート組曲第1番 BWV996より)
            
     
7  同 アルマンド
            
     8  同 クーラント
            
     9  
同 サラバンド
            
    10 同 ブーレ
            
    
11 同 ジーグ
            
    
12 J.S.バッハ シャコンヌ
             (無伴奏バイオリン・パルティータ第2番 BWV1004 より)
                        
(筑波大学会館ホール、ライブ録音) 1983
            
    
13 グラナドス スペイン舞曲第5番 アンダルーサ 2003
            


(注) トラック1と 12 は 1983年及び1984年、学生時代のライブ演奏。 2003とあるのは2003 年、自宅にて録音。フレタ一世。

筑波大学ギター・マンドリン部 OB・OG会

サイト管理者
 E-mail :
   hirose.yukiyoshi@nifty.com